刀は売り時を逃さずに買取店へ

刀は売り時を逃さずに買取店へ

登録証

刀は売り時を逃さずに買取店へ

もしも不要な刀があるのなら、それは信用できるところに買取してもらいましょう。
もしもその刀になんらかの不具合があったとしても、買取してもらうことを諦める必要はありません。
たとえその刀が錆びていても、たとえその刀に目立つ傷がついていても、破損してしまっていたとしても・・・です。

どんな状態の刀であっても、刀というものには価値があるから、買取してもらうことは可能です。
でも、買取してもらうには”登録証”というものが絶対に必要になります。
”登録証”がなければ、どんなに状態の良い刀であったとしても、買取してもらうことはできません。

もし刀の”登録証”がないのなら、ただちに取得をしましょう。
刀の登録は、まず警察署で発見届を提出するところから始まります。
ただ、刀を登録する為には審査が必要です。ある一定の条件をクリアしないと、審査には通りません。
審査に通ったなら、それはその刀の価値が認められたということです。
審査をクリアして”登録証”が発行された刀であれば、どんな状態でも買取してもらうことができます。
まずは第一段階として、その”登録証”をGETしましょう。
必要書類を準備して、登録審査手数料(6.300円)を払えば、専門家に審査をしてもらうことができるのです。